サイトトップ > 入試情報 > よくあるご質問

よくあるご質問

学習指導について

学習に対する学校の指導体制としては、どんな特色がありますか?

  1. 心身の成長の著しい中学と高校の時期は、また、精神的に不安定な時期でもあります。この時期を分断せず、6年間を一つの単位として教育することは、心身の発達にも望ましいことであり、体系的で効果的なカリキュラムの編成もできます。科目ごとの学習内容、目標、方法を体系的にまとめた独自の「シラバス」を作成し、生徒に配付しています。
  2. 中学校では、高等学校の内容を緩やかに先取りし、学習を深めています。国語では、高校現代文の問題演習や古文の文法内容を、英語では、高校英語の内容を付加、単語帳を併用した単語力の強化、数学では、中学3年生で高校1年の数学の半分を学習します。
  3. 中学校では5教科の時間数をできる限り多くし、基礎力の定着・演習を行なっています。また中学生対象に学力推移調査を行い学力の伸長を確認しています。
  4. 到達度不十分な生徒には、中学では英語・数学・国語を中心に、高校では5教科を中心に補充授業などを行って対応しています。
  5. 6ヵ年一貫教育によって、学習活動の基盤となる生活習慣の育成を1年生から一貫した方針のもとに行なっています。中学一年生ひとりひとりに『スケジュール手帳』(特注品)を持たせ、自己管理のもとに学習習慣がつくように徹底指導しています。
  6. 自主的学習姿勢を養うことができるように、中学では質問のできる自習教室(イレーヌクラス)を、高校では放課後学習会を設けています。
  7. 基礎学力の向上と一人ひとりの学力が最大限に効率よく伸びるように、中学3年生後半から習熟度別授業を、取り入れています。
  8. 中学ではCommunication Contest 、高校ではEnglish In Action、百人一首大会、弁論大会など教科が主催・共催する行事を通して、学習の幅を広げています。
  9. 2~6年の英語の一部で、G.U.(Global Understanding)という国際理解を深めるための少人数授業をネイティブスピーカーが行なっています。
  10. 中学で全員が英検3級以上を取得することをめざし、英検を校内で実施しています。
  11. 夏期休暇中、全学年で希望者に対する補習授業を、中学では補充授業を実施し、それぞれの学力を伸ばすことに力を入れています。(1~4年は英語・数学・国語中心、5・6年は5教科で実施)

国際的視野をもつ人間の育成という観点から、英語教育を重視しているということですが、その内容について教えて下さい?

  1. 中学校英語の授業時間は週6時間(G.U.を含む)
  2. G.U.とは国際理解を深めるための英会話
  3. Communication Contest大会の実施(中学) English in Action Contestの実施(高校)
  4. 英検・GTEC・TOEICの奨励と校内実施(年3回)
  5. 県内・県外で開かれる各種英語スピーチコンテストへの参加
  6. カナダ修学旅行での海外ホームスティ体験の実施(高2全員)
  7. マレーシア(サレハ・ゲンティング・ハイランド中等学校)との国際交流

ページの先頭へ戻る

教育の特色について

「キリスト教精神による教育」といいますが、他校にはない授業・行事などには何がありますか?

  1. 週1時間の宗教の授業
  2. 毎週1回、学校長の訓話を聞く校長朝礼
  3. 毎日、アンジェラスの鐘を聴きながら祈る時間
  4. キリスト教の儀式に則った入学式・聖母祭・追悼式・クリスマス・卒業式
  5. 希望者参加による静修会などが挙げられます。日々の生活にもこの精神が生かされるよう努めています。

Women for others をめざした教育内容は、どんなものですか?

  1. 他者の喜びを自分の喜びとする人を育成するために、生徒会活動やクラブ活動、ホームルームでの清掃・各種活動を通して、お互いを知り他者への理解を深めています。
  2. 5月の聖母月から聖母マリアに倣いながら、自分らしい生き方を探り、クリスマス奉仕活動で各自の力を発揮しています。
  3. 2年では障害をもつ方々との交流、3年ではチャレンジセミナーで大学見学や卒業生の講演を通して自分のミッションを考え始めます。
  4. 1年生の仲間づくり合宿、2年生の林間学校、4年生のオリエンテーション合宿、5年生の座禅静修会・学習春合宿を通して、助け合い、学びあう体験を深めています。
  5. 留学生の受け入れ、サレハ・ゲンティング・ハイランド中等学校との交換プログラムやカナダ修学旅行でのホームスティなどを通して、異文化理解を深めています。
  6. 運動会、文化祭、記念祭バザーでは生徒による実行委員会や係責任者が企画・運営を行なっています。

女子校のメリットは何ですか?

(別学にも共学にもメリットもデメリットがあると思います。女子のみの別学のメリットもたくさんあります。女性の社会進出が求められる時代において、真に自分の能力が発揮できる人としての土台作りの時期に、女子だけの集団で学ぶメリットとしてつぎのようなものが挙げられると考えています。)

  1. 一般的に、一つの集団の中に男女がいると、「こういう仕事は、女子には無理だから男子がしたほうがいい」とか、「リーダーは男子で、女子はこまごまとした補助的な仕事がいい」というような「男子と同じことはできないし、しないほうが無難だ」という雰囲気が校内になく、自分の力を思う存分発揮できる。
  2. 男子のいない環境の中で、積極的に自ら考えて行動することが求められ、リーダーシップの養成ができる。
  3. 理系分野は女子にはむずかしいという、世間一般にみられる思い込みがない少ない環境の中で、教員も生徒自身も、理系分野にも挑戦させよう、またはして行こうとする、雰囲気があり、理系科目を伸ばしていける。
  4. 女性として好ましい品性を身につけることができる。

ページの先頭へ戻る

進路指導について

将来を考える指導はどのようにしていますか。

大学受験だけでなく、自分の行き方という巨視的な視野から将来設計を考えることのできるような進路指導を行っています。具体的には、以下のようなことを実施しています。

  1. 学年別に学年と進路指導部が一体になって「進路ガイダンス」を実施しています。
    中1・中2年(基礎)、中3・高1(発展)、高2・高3(完成)のそれぞれの学年に必要な指導をするためのガイダンスです 。
  2. 本校卒業生の執筆による「合格体験記」を発刊し、全生徒に配布します。生徒はその中に書かれた、勉強の仕方をヒントに自分自身の勉強方法見つめなおします。
  3. 進路講演会を聞き、様々なヒントをもらいます。講師は予備校講師から本校卒業生まで多岐に渡ります。
  4. 中3で「チャレンジセミナー」という将来を考えるためのセミナーを開きます。生き方、働くことの意味から将来のための情報のインプット、社会で働く卒業生の講演を聴くなど、プログラムも多彩です。
  5. 中3・高1で、岡山大を訪問、本校卒業生に案内をしてもらったり、実際に講義を受ける体験をします。
  6. 希望者のための夏期補習を実施します。(中3から高3まで)
  7. 春期の合宿補習をします。(高2)
  8. 生徒のニーズに応える資料を独自に作って、進路指導に用いています。

ページの先頭へ戻る

学校生活について

暁の星では土曜日はどうなっていますか?

2014年度から完全週6日制を導入しました。土曜日も4時間目まで授業を行っています。
学力の伸びは直線的なものではなく、行きつ戻りつしながら段階的にのびてゆくものです。そのため、「以前学んだこと」と「今日学ぶこと」とがどうつながるのか、また「今日学んだこと」と「次の時間学ぶこと」とがどうつながるのか、そうした「つながり」を意識しながら学習を進めてゆくことがとても重要です。完全週6日制の導入によって、暁の星では、1コマの授業に内容を詰めこみすぎることなく、ゆとりをもって授業を構成できるようになりました。そのゆとりの時間を「前時と本時」「本時と次時」を「つなぐ」ための「ブリッジの時間」として活用することで、確実な学力の伸長を目指します。

生徒に対するカウンセリング体制は、どうなっていますか?

今の社会は、情報化が進んでいます。あふれるような情報の中で、必要な情報、不要な情報を取捨選択しなくてはなりません。雑多な情報に振り回されて、精神的に不安定になる要素が至る所にあります。そのため、成長期の生徒にかかるストレスも多大だと思われます。このことに起因するであろう悩みを持った生徒が増えています。そうしたことへの対応として、本校では教育相談室を設け、臨床心理士の資格を持った専門のスクールカウンセラーと教員が連携して生徒のケアができる体制を整えています。

クラブ活動・行事での生徒の活動はどうなっていますか?

中学生・高校生を一緒にした行事・部活動において、組織、リーダーシップ等について学ぶことができます。 運動会・記念祭バザー等、中学生・高校生を一緒にして実施しており、望ましい人間関係を学ぶ機会になっています。

ページの先頭へ戻る

福山暁の星女子中高等学校はカトリックのミッションスクールです。
混沌とした現代社会にあって、ミッションスクールの果たす役割はますます重要になってきたと考えています。本校はキリスト教精神に基づく「他者のために」(Women for Others)という理念を高く掲げ、愛の実践をその根幹としています。
また、教育方針としては、 「キリスト教精神による教育」「6カ年一貫教育」「国際的視野の育成」、校訓としては 「マリアとともに」「神に信頼」「己に誠実」「互いに睦み」「進んで奉仕」の5つを掲げて、本校教育の理想の実現に努めています。

| 生徒募集概要 | 入試結果概要 | 入学試験問題 | 転入学・編入学について | 入試イベント | よくあるご質問 |