サイトトップ > 学校案内 > 校長先生のお話

校長先生のお話

(2017年4月25日)

1年生の姿。きちっと一列に並んで自転車登校している姿。真剣な表情で授業やテストに臨んでる姿。桜の樹の下でおいしそうに食事する姿。部活動に真剣に取り組んでいる姿。和やかな雰囲気で友達やクラスメイトと廊下を歩いている姿。受付前のテーブルで笑顔で先生と話し合っている姿。松葉づえで登校した友を温かく出迎える姿。
 本校へ就任して,まだ3週間目を迎えたばかりですが,こうした生徒たちの姿から,ひたすらに頑張って成長しようとする意欲や友を思いやるやさしい心づかいを強く感じています。
 また,本校の先生方は,誠実で,さわやかで,おだやかで,常に生徒のことを第一義的に考えて行動しておられます。
 こうした素晴らしい生徒や先生方に囲まれた学び舎です。この教育環境を最大限生かして,主体的に学習に取り組み,どんどん成長してくれるものと信じています。
 今,生徒たちは,五月一日からの聖母祭,五月二日の運動会に向けて,懸命に取り組んでいます。応援練習や学年練習での元気一杯の声が,校長室にも,よく聞こえてきます。行事を通して生徒たちが成長する姿を楽しみにしています。
 私は,毎朝8時頃から,正門付近で登校してくる生徒たちに「おはようございます」と声をかけています。
 元気のいい挨拶が返ってくると,とてもさわやかな気分になります。
 挨拶は,元気のバロメーターであるとともに,人と人との重要なコミュニケーションツールです。近い将来,社会人になった際は,とても重要視されるのは言うまでもありません。
 現在,企業が求める力の第一は,コミュニケーション能力だと言われています。こうした状況を踏まえ,生徒たちには,挨拶することと共に,時間を守ることや返事をすることの重要性について話したところです。

校長