サイトトップ > 学校案内 > 図書館 > 今月のおすすめ

今月のおすすめ

今月のおすすめ(2017年3月)



桜の花に遅れて、山吹の花が咲き始めます。時代劇でこっそり「山吹色」といえば小判のこと。それはともかく、花と葉が交互に並んだ山吹の枝のようすが、目の前に浮かんできます。若葉の緑と山吹色のコントラストが美しい句ですね。

LIFE  人間が知らない生き方          

篠原かをり/著 麻生羽呂/画   文響社

人類の歴史はあまりにも短く、人類が知らないこともたくさんあります。
この本は、20種類の生き物の生態から、人間が生き残るための「戦略」「習慣」を学ぶ本です。
各章の扉はリアルな劇画調のイラスト。本編はかわいいイラストのマンガに続いて解説。そして最後に動物豆知識という構成になっています。本編の内容から、いくつかピックアップして紹介します。
・カピバラの赤ちゃんは、群れのどのメスからでもお乳をもらえる。
・キリンは、実はアフリカでも1位、2位を争うほど強い動物である。
・天敵に食べられたタコの足は再生しても、ストレスによって自分で食べた足は再生しない。

物語のある風景               

山口康夫/著   MDNコーポレーション

誰もが子供の頃に読んだ物語や、映像で見た物語の中のお城や街。そのモデルとなった実物の写真を集めました。多くの人が親しんだ有名な物語の舞台になったお城や街などをお楽しみください。

生きものの持ち方                      

松橋利光/著  大和書房

虫やカエル、クモ、トカゲ、ウサギにニワトリ…自分の身の安全をしっかりと保ちつつ、生き物を傷つけることなくスマートに持つことは意外と難しいもの。この本は、それぞれの分野の専門家が持つ人間も持たれる生き物も傷つかないようにどのように持つべきかを考察し、実践した本です。一生持つことがない生き物もいるかと思いますが、実践の様子を見るだけでも面白いです。もちろんイヌやネコの持ち方もあります。

| 図書館トップ | 特徴 | 利用について | 今月のおすすめ |